【夏の甲子園】東北学院の選手1人がコロナ陽性 初戦快勝で20日に2回戦予定

2021年08月14日 19時44分

11日の1回戦を制した東北学院ナイン
11日の1回戦を制した東北学院ナイン

 第103回全国高校野球選手権大会の大会本部は14日、東北学院(宮城)の選手1人が新型コロナウイルスのPCR検査で陽性と判定されたと発表した。当該選手は13日に発熱。同日夜と14日朝にPCR検査を行い、ともに陽性だった。現在、当該選手を含めて東北学院のチーム本隊は、濃厚接触についての保健所の判断が出るまで宿舎の個室で待機している。

 東北学院は11日に愛工大名電(愛知)との初戦に勝利。チームとして12日にPCR検査を受けた段階では全員が陰性だった。当該選手の陽性判定を受けて行われた14日朝のPCR検査では、他に陽性者はいなかった。

 東北学院は大会第8日の20日に、松商学園(長野)との2回戦が予定されている。

関連タグ: