【センバツ】伝令役でピンチ救った東海大相模のエース石田「後ろには俺がいるから」

2021年04月01日 19時03分

優勝した東海大相模

【センバツ】劇的サヨナラVで明豊(大分)との接戦を制した東海大相模(神奈川)だが、1―1の同点で迎えた4回の満塁ピンチに門馬敬治監督はエース石田隼都投手(3年)を伝令役にマウンドに向かわせた。石田は集まった内野陣に「後ろには俺がいるから」と声をかけ、最少失点で切り抜けた。

 門馬監督は大塚主将が不在の状況を考え「大黒柱は石田。石田が行けば選手に安心感を与える。自分の言葉で思い切っていけ、と言った方が勇気を湧かせてくれる。影響力がある」と説明した。石田は言葉通り、6回から登場して明豊打線をゼロ封投球。ナインの士気を考えた指揮官のナイスな采配となった。

関連タグ: