【センバツ】連投の東海大相模・石田 門馬監督の脳裏をよぎった天理・達、中京大中京・畔柳の故障

2021年04月01日 17時50分

優勝インタビューに答える東海大相模・門馬敬治監督

 東海大相模(神奈川)のエース左腕・石田隼都投手(3年)は2―2で迎えた6回途中からリリーフでマウンドに上がり、明豊(大分)の追撃の芽を断った。

 9回まで打者13人を2安打、1四球、無失点と粘りの投球を見せた。劇的サヨナラの瞬間は喜びを爆発させて雄たけびを上げたが、試合後は落ち着きを取り戻し「しっかりコースに投げられた。優勝の実感は湧かないけど、勝ててやっぱよかった」と淡々と話した。

 5試合すべてに登板し、うち2試合で完投。門馬敬治監督は連投となるこの日の登板について天理・達孝太投手(3年)、中京大中京・畔柳亨丞投手(3年)の故障が頭をよぎったという。それでも石田は「ここまでじゃないんです」と思いを伝え、見事に責任を果たした。

 チームを頂点に導いた左腕は「スタミナとか、足りないところを練習してもっといい投手になって戻ってきたい」と春夏連覇を見据えた。

関連タグ: