【センバツ】東海大相模は「打倒・達」 門馬監督「全員で立ち向かう」

2021年03月30日 17時15分

気迫のこもったキャッチボールを行った東海大相模ナイン(代表撮影)

 東海大相模(神奈川)の主将代行の門馬功外野手(3年)が「打倒・達」に闘志を見せた。

 天理(奈良)との準決勝を翌日に控えた30日、チームは兵庫・西宮で約3時間の練習をこなした。主将の大塚瑠晏内野手(3年)が急性胃腸炎で戦列を離れ、リーダーを任されたのが、門馬敬治監督の次男でもある門馬。シート打撃では天理の193センチ右腕・達孝太投手(3年)を想定し「達投手の高めの真っすぐはなく、低めを打つことを統一した。自分が(主将の)代わりだが、全員が協力してくれている。自分たちの目標はずっと日本一。先を見ることなく、明日の試合に高い意識を持ちたい」を自信をのぞかせた。
 
 門馬監督も「達くんは今の高校野球の中ではトップクラスの投手。打つことは難しいが、得点することをテーマにチーム全体で徹底したい。(天理は)投手、捕手、4番が機能しているので一歩も気は抜けない。全員で立ち向かっていきたい」。準々決勝で福岡大大濠(福岡)を14安打で粉砕した強打線が達に牙をむく。

関連タグ: