【センバツ】東海大相模がエース石田の14K完封で準決勝進出 天理戦は「しがみついて挑む」

2021年03月29日 14時52分

力投する東海大相模・石田隼都
力投する東海大相模・石田隼都

 準々決勝第2試合は東海大相模(神奈川)が福岡大大濠(福岡)を投打で圧倒した。初回から4長短打を相手先発の馬場拓海(2年)に浴びせて2点を先制。2回には一死二塁から門馬敬治監督の二男である門馬功外野手(3年)が左越えに豪快な2ランを放つなど得点を重ねた。先発したエース左腕・石田隼都投手(3年)は4回二死から5者連続三振を奪うなど、14奪三振の完封劇で8―0と準決勝進出を決めた。

 前日の夜中に大塚主将(3年)が急性胃腸炎を発症し、欠場。主将代行となった門馬は3安打と気を吐き、2回戦までリリーフに回っていた石田も初先発してチームの士気を高めた。

 門馬監督は「大塚の穴を全員で埋める。戻ってくるまでしっかり戦おうと選手に言った。本塁打で勢いがついたと思う。エースとキャプテンが両方グラウンドに立てないのはチームとして欠ける。石田は安定感があり、本来の石田でした。今日をきっかけにさらに成長してほしい」と結束したナインをほめ、天理(奈良)との準決勝には「能力の高い選手が落ち着いてプレーしている。何とかしがみついて挑んでいきたい」と意気込んだ。

関連タグ: