【センバツ】大会屈指の好投手・小園擁する市和歌山は古豪・県岐阜商と対戦

2021年02月23日 19時14分

抽選会はリモートで行われた(代表撮影)

 第93回選抜高校高野球大会(3月19日から13日間・甲子園)の組み合わせ抽選会が23日にオンライン形式で行われ、プロ注目の市和歌山(和歌山)の152キロ右腕・小園は第4日第1試合で県岐阜商(岐阜)との対戦が決まった。

 松川との〝最強バッテリー〟が注目される小園だが、県岐阜商も百戦錬磨の知将・鍛治舎監督の下、投打ともトップレベル。松川主将は「バッテリー中心にすごく強いチーム」と評しながら「小園も順調。全員野球で一戦一戦。日本一に向けてまずは初戦」と気合を入れ、県岐阜商の高木主将は「まずは勝つことが一番。チーム打撃にこだわりたい」と静かに闘志を燃やしていた。

関連タグ: