【U18W杯】絶好調 習志野・飯塚はバナナマンだった

2019年09月06日 13時00分

飯塚は2回をパーフェクト救援

【韓国・機張発】「第29回WBSC U18ベースボールワールドカップ」のスーパーラウンドが5日に開幕し、高校日本代表はカナダ戦に5―1で勝利した。今大会初登板の先発・奥川恭伸(星稜=3年)が7回を2安打1失点、18三振無四球と衝撃の投球。2番手・飯塚脩人(習志野=3年)は自己最速を更新する151キロの直球で押し、2回を無安打無失点2奪三振。エースに負けず劣らずの好投で試合を締めた。

 飯塚はここまで3試合5イニングを投げ、自責点は0。中継ぎ経験が少ない代表メンバーのなかで、リリーフエースとして大車輪の活躍を見せている。

「野手が点を取ってくれたので投げやすかった。104球という球数制限があるなかで、先発はどうしても完投できない。リリーフとして先発ピッチャーの手助けができたら」と振り返った飯塚だが、投球だけでなく、明るいキャラクターでもチームをもり立てている。

 そのひとつが試合中に食べるバナナ。「自分、腹が減ると力が出ないんですよ。試合前にも食べるし、試合中も食べる。試合が終わったあと? もちろん食べます」と常に何かを口にしており、ナインが宿舎の食事が合わずにコンディションを崩すなか、一人絶好調を維持している。

 スタッフの一人は「昨日の決起集会でも誰よりも多く食べてました。食ってるか、くっちゃべってるとこしか見たことない。付き添いでコンビニに買い出しに行くと、カゴにおやつを山ほど突っ込んだり、ふざけてビールの缶まで入れてきたり。『お前ええかげんにせえよ! 誰が払うと思っとんねん!』って感じですよ」と苦笑交じりに明かす。

 奥川や佐々木朗希(大船渡=3年)について「同じ投手としてやっぱり負けたくないとも思いますが、同じ人間だとも思ってないっす。やっぱドラフトの目玉は違いますね」と話すなど、トークも滑らかな若侍のムードメーカー。口も腕もフル回転でチームをけん引する。