【U18W杯】雨に斬られた若侍 台湾に降雨コールド負けの重み

2019年09月03日 16時30分

降雨コールドで敗れ、試合後のミーティングに臨む日本ナイン

【韓国・機張発】「第29回WBSC U18ベースボールワールドカップ」高校日本代表は2日、ヒュンダイドリームボールパークで行われた台湾戦に1―3で5回降雨コールド負け。逆転の機会を絶たれただけでなく、試合開始時間も二転三転、グラウンドコンディションの悪さにも足をすくわれるなど、雨に泣いた格好だ。悲願の世界一に向け、この1敗はどんな影響を与えるのか――。

 日本は初回、4番・石川(東邦=3年)の左前適時打で1点を先制。しかし、その後は昨年のU18アジア選手権で敗れた台湾の先発左腕、王彦程を思うように捉えきれない。

 雲行きが変わったのは3回。一死一、三塁から台湾の仕掛けたダブルスチールで同点とされ、アウトかと思われた一塁走者までもまさかのセーフ判定。ビデオ判定によるリクエストでも覆らず、5回には守備の乱れからさらに2失点。試合成立の5回終了時にはせきを切ったかのように大雨が降りだし、あえなく降雨コールド負けを喫した。

「ミスもたくさんありましたし、残念な結果になった。西が抑えて、さあこれからというところで雨でコールド。残念です」と永田監督。球数制限で先発の王が降りた後の反撃の機会がついえただけに、雨に泣いた格好だ。

 降りしきる雨の影響でこの日は試合開始時間が二転三転。選手たちは宿舎にあるフィットネスルームなどで体を動かしていたが、試合前にできたのは軽いアップのみで、難しい調整を余儀なくされた。高野連の竹中事務局長は「最大で午後11時開始もあると伝えられた。さすがにそれは、高校生なのでと抗議しました。国際大会ではよくあること。相手も条件は同じですから」と話したが、グラウンドコンディションも影響し2失策。日本本来の堅い守備にもほころびが生じた。

 試合前には度重なる悪天候を“恵みの雨”“神風”と捉える向きもあった。台風13号が勢力を増しており、進路予測では決勝ラウンドが行われる8日に開催地・機張に最接近するという。日程の都合上順延はなく、決勝では当該国同士の直接対決の結果が反映されるため、決勝進出が予想される米国が上がってくれば不戦勝での優勝というシナリオもあった。

 チームスタッフの一人は「甲子園でやった2015年も同じ状況で、あの時は奇跡的に試合ができた結果、決勝でアメリカに負けてしまった」と事情を漏らすが、この日は皮肉にも同じ状況になるばかりか雨が災い。前日に優勝候補の米国に大勝したムードも吹き飛んでしまった。

 これで3勝1敗となり、スーパーラウンド進出は翌日のパナマ戦の結果に持ち越された。悲願の世界一に向け、絶対に負けられない戦いが続く。