【夏の甲子園“驚”エピソード(3)】東海大相模 風呂場に現れる2メートル熟女幽霊

2019年08月22日 11時30分

優勝候補だったが3回戦敗退に選手もがっくり。手前は門馬監督

【恐怖、2メートルおばさん】昨夏から新しい寮に移った東海大相模(神奈川)には、旧寮時代から伝わる言い伝えがある。深夜2時以降に寮の風呂に入浴すると、ボイラー室から身の丈2メートルを超える長身女性の霊、通称“2メートルおばさん”が現れるというもの。これだけ聞くと恐怖体験だが、ある選手は「深夜にしか現れない2メートルおばさんは『夜更かしすると身長が伸びないよ』と僕らに忠告してくれてたと思うんです。新寮はきれいで快適なんですが、2メートルおばさんのいた旧寮も少し恋しくはあります」。練習に明け暮れる日々にあって、ナインにとっては妖怪も母親代わりだったのかもしれない!?

【関連記事】