【夏の甲子園】星稜・奥川と並ぶ「新ビッグ3」 津田学園・前、霞ヶ浦・鈴木は…

2019年08月16日 16時30分

「新ビッグ3」の津田学園・前

 熱戦が続く第101回全国高校野球選手権大会。今大会では星稜・奥川恭伸投手(3年)の存在が飛び抜けている格好だが、奥川以外に“掘り出し物”はいないのか。押し出されるように奥川とともに「新ビッグ3」と名付けられたのが、津田学園(三重)前佑囲斗(3年)と、霞ケ浦(茨城)鈴木寛人(3年)だったが…。

 前は1回戦、静岡(静岡)の強力打線を相手に自己最速の144キロを記録した直球に変化球を交えて1失点完投勝利。2回戦で履正社(大阪)に屈したとはいえ、楽天の山田スカウトを「ボールの質、直球が素晴らしい。ベース上で伸び上がる球質。思わず打者が手を出してしまう。余力がある腕の振りで投げ込んでくるので、打者は対応が難しい。癖のないフォームで球速もまだまだ伸びる。将来はプロで先発ローテーションを担える投手」とうならせた。

 1回戦で履正社に敗れて聖地を去った148キロ右腕・鈴木については「素材型の投手。4巡目くらいまでに入る投手」(日本ハム・山田スカウト顧問)。阪神・畑山スカウトも「球速も出るし、体は細いが、バランスがいい。フォームに大きな癖がなく、投げることに対してのストレスがないので、体力さえアップすれば必然的に速く投げられるようになる」とプロ入り後の伸びしろが期待されている。

 一方で、注目を集めながら初戦で散った近江(滋賀)の林優樹(3年)や、U―18代表候補で高松商(香川)の左腕・香川卓摩(3年)には「いかんせん体が小さいので、あんまり早く入るとプロの中で埋もれてしまう」と高卒からのプロ入りに否定的な見解も。

 花巻東(岩手)の西舘勇陽(3年)に対しても「今回はいいところがなかった」と辛口な評価を下すスカウトもいた。