【夏の甲子園】サイクル安打達成の杉田は「敦賀気比のイチロー」

2019年08月14日 16時30分

杉田は9回に本塁打でサイクル安打を達成しガッツポーズ

 第101回全国高校野球選手権大会(甲子園球場)の第8日(13日)、第4試合で偉業が生まれた。国学院久我山(西東京)を19―3で下した敦賀気比(福井)の杉田翔太郎内野手(3年)が大会史上6人目、令和初となるサイクル安打を達成。5安打7打点の大暴れでチームを3回戦に導いた。

「敦賀気比のイチロー」が、聖地で天才的な打撃を披露した。第1打席から右前打↓左越え二塁打↓中前打↓右中間三塁打↓左飛↓右中間への2ラン。人生初のサイクル安打に「自分にこんなことができるとは思っていませんでした」と笑顔がはじけた。王手をかけた第5打席に「狙ってしまってダメだった」と反省。続く打席で「修正して後ろにつなぐ意識で打席に立った」と原点に立ち返り、偉業達成の一発を放った。

 その卓越した打撃技術から、チーム内では「天才」「化け物」と一目置かれる。杉田の練習パートナーを務める徳永(2年)が明かす。「寮での夜間自主練習でシャトル打ち(バドミントンのシャトルを使った打撃練習)を手伝っているんですが、ものすごい動体視力の持ち主なんです。1~9の番号を書いたシャトルを『奇数なら引っ張る』『偶数なら流す』と打ち分けているんです」。福井大会でも打率は4割を超えた。

 試合前に必ず行うルーティンがある。2009年WBC決勝の韓国戦でイチローが延長10回に放った「歴史的V打」のシーンを収めた動画を見ること。周囲が「言葉を掛けづらいほど集中して見入っている」と証言する儀式で集中力を高め、打撃のイメージを膨らませてから試合に臨むという。甲子園にまた一人、語り継がれるヒーローが誕生した。