【夏の甲子園】智弁和歌山 中谷監督のハイブリッドトレ効果で1イニング3本塁打

2019年08月14日 16時30分

勝ち越し3ランの細川(右)をベンチで迎える中谷監督

 第101回全国高校野球選手権大会(甲子園球場)の第8日(13日)、第3試合では智弁和歌山(和歌山)が猛打爆発で明徳義塾(高知)との強豪対決を制した。7回に黒川(3年)の適時打で同点とし、細川(2年)が右翼席に飛び込む勝ち越し3ラン。さらに二死一塁から根来(3年)が右翼席に2ランを放つと、東妻(3年)もバックスクリーン右へ大会24号の特大のソロ本塁打で続いた。大会タイ記録となる1イニング3本塁打で一挙7点を挙げ、明徳義塾を力でねじ伏せた。

「こういうゲームで打つために努力をしている。彼らの集中力が出た試合でした」としてやったりの中谷監督だが、強打の陰でチームは“ハイブリッド”トレーニングに取り組んできた。

 昨秋から名将・高嶋仁監督に代わって就任した中谷仁監督は「速読」と「ヨガ」を導入。毎週月曜日に隔週で1時間半から2時間行われ、それぞれ専門の先生の指導を受ける。ヨガは「体が楽になって疲れが取れる。大きなケガがなくなりました。アムロちゃん似のきれいな先生なんです。僕らが一番好きな時間ですよ」と選手はニンマリ。リラックスできると同時に体幹を鍛える貴重な時間となっている。

 速読は配布された本を教室で全員が黙読し、その後に人さし指をかざして両目を上下左右に細かく動かす。再び黙読すると驚くほどに文字数が進むという動体視力を養うトレーニング。こちらも「速い球にも対応できるし、グラウンドの視野が広くなった。それが強打につながっている」と効果てきめんだ。

 野球部の塩健一郎部長は「速読は打者が投手目線で見られる技術がつく。今日の試合のビッグイニングでも集中力が切れないし、メンタル面でもプラスに働いています。中谷監督は古き良きものを残しながら新しいものを導入するハイブリッドな指導法です」と話した。