習志野 逆転勝ち呼んだ飯塚は「格闘技オタクエース」

2019年08月10日 13時00分

力投する飯塚

【夏の甲子園】第101回全国高校野球選手権大会、第4日(9日)、センバツ準Vの習志野(千葉)が大接戦を制した。第3試合の1回戦・沖縄尚学戦に延長戦の末、5―4で勝利。1点を追う9回の土壇場で同点とすると延長10回に1点を勝ち越した。

 お立ち台に立ったのは、6回途中からリリーフしたエース右腕・飯塚(3年)だ。8、9回には圧巻の6者連続三振を奪うなど無失点リリーフで流れを引き寄せた。「後半は三振を狙いました。次も自分の役割を果たしたい」と頼もしいコメント。小林監督も「飯塚は気持ちで投げるタイプの投手。その彼が攻撃の流れを作ってくれた」と絶賛した。

 指揮官も認めるエースの「激アツぶり」を支える原動力となっているのが、総合格闘技だ。日本の総合格闘技イベント「RIZIN」や世界最高峰のMMA団体「UFC」など、さまざまなバトルを主に動画サイトで細かくチェック。練習の合間を縫ってファイターたちの戦いに目を配り、闘争心を植え付けているという。主力選手の一人は「飯塚の“格闘技オタク”ぶりはとにかくハンパじゃないです」と苦笑いしながら、続ける。

「よく動画サイトを見せながら『ほら、マジでスゲーだろ?』と言ってくるのですが、いつも僕ら周りは“ポカーン”という感じ。チーム内に飯塚以外、総合格闘技好きが誰もいないんですよ。しかも『今日は〇〇選手の誕生日なんだ。知ってた?』とかマニアックなことまでささやきますからね。『いや、ごめん。知らないし』と返すしかないんです」

 MMAファイターのようにマウンドで上げる飯塚の雄たけびがセンバツに続き、この夏も聖地を席巻しそうだ。