【夏の甲子園】星稜初戦突破!奥川が佐々木への思い乗せた完封劇 最後の夏に甲子園で再会したかった

2019年08月08日 16時30分

3安打完封で好発進を決めた奥川

 第101回全国高校野球選手権大会第2日は、第3試合で優勝候補・星稜(石川)が旭川大高(北北海道)との投手戦を1―0で制し、初戦を突破した。プロ注目右腕・奥川恭伸(3年)が、最速153キロを計測して本領発揮の完封だ。3安打9奪三振、94球にまとめる省エネ投法。そんな石川県勢初の全国制覇へ好発進した右腕が、盟友でもある令和の怪物・佐々木朗希(大船渡=3年)への思いを本紙に明かした。

 電光掲示板に表示された球速に甲子園がどよめいた。初回、先頭打者を153キロの直球で空振り三振。状態が上向かない中で迎えた甲子園で「奥川の夏」が幕を開けた瞬間だった。

 観衆の視線を独り占めにすると、初回いきなりの3者連続三振で勢いに乗った。「初回の投球は、今日の試合で一番良かった」。これ以上ない立ち上がりを見せると、2回は先頭打者に右前打を許すも、後続を難なく3人で切った。

 4回も先頭打者に中前打で出塁されたが、次打者を遊ゴロ併殺打に仕留めた。走者を背負っても、連打や四球でピンチを広げることはなかった。

 ネット裏で密着マークするプロスカウトからは「(優勝するために)先を見据えた省エネの投球。打たれるまでは力を抜いて、走者を出した後にギアを入れる感じ」とプロ顔向けの投球術で旭川大高打線を圧倒した。

 まさにエースの真骨頂と言える投球。味方打線の援護はわずか1点だったが、最後まで笑顔を絶やさず、6回以降は4イニング連続の三者凡退で危なげなく試合を締めた。

「大事な初戦を勝ち切れたのは良かった。まだまだ状態も上がってくる。球数を少なく終わらせられたのは、次戦に向けて良かったんじゃないかと思います」。悲願の全国制覇に向けて最高のスタートを切った。

 奥川は佐々木、西純矢(創志学園=3年)、及川雅貴(横浜=3年)とともに「四天王」「BIG4」と称され、高校球界をけん引する存在。だが、今大会、奥川を除く3投手は地区大会で涙をのんだ。それだけに特別な思いを持って聖地にやってきた。

「佐々木が負けた後に少しだけ連絡を取り合いました。僕らが優勝を決めた時に『おめでとう』と、祝福の言葉をもらいました。彼とは甲子園で戦う、戦わないではなく、最後の夏に甲子園で再会したかったという気持ちが強かったです。お互い、U-18の代表合宿の時にそういう話をしていましたから。他の代表メンバーとも会えなくて少し寂しいですが、彼も含めて負けて甲子園に届かなかった人たちの分も、全力でプレーする姿を見せたいと思っています」

 今年4月、奈良で行われたU-18高校日本代表第1次候補による「国際大会対策合宿」で、代表メンバーは甲子園での再会を誓い合って解散した。最速163キロを誇る佐々木をはじめ、全国から集まった精鋭たちから多くの刺激をもらった奥川にとって、侍メンバーは同志。日の丸を背負う仲間たちの無念を思い、甲子園で最高のパフォーマンスを披露することを大会前に約束して乗り込んできた。

 この日の完封劇は、代表メンバーと交わした約束を果たす投球。「最後の夏なので、必勝を成し遂げつつ、どこよりも楽しんで試合をしたい」。今大会ではセンバツで敗れた習志野(千葉)との再戦(4回戦以降)も注目されるが、これについては「特別な感情はありません。しっかり対策を練ってやるべきことをやるだけです」とサラリ。佐々木、西、及川らに強烈な刺激を与える「無双の夏」が始まった。