伸びシロ十分! 高校生最速163キロマークの大船渡・佐々木 世界最速狙える!!

2019年04月09日 11時00分

笑顔を見せる大船渡・佐々木朗希

 U―18高校日本代表の国際大会対策研修合宿は7日、奈良県内のグラウンドで打ち上げ。前日に高校生の日本歴代最速となる163キロを計測した佐々木朗希投手(大船渡=3年)はノースローで、軽めのキャッチボールや投内連係で汗を流した。ベールを脱いだ“令和の怪物”にはスカウトの評価も青天井で、なんと「世界最速を狙える」との声まで飛び出した。

 合宿を終えた佐々木は「世界一になるには相当の覚悟が必要だとわかった。岩手に帰ってもこの経験を糧にやっていきたい。今のままではまだまだ足りない。足りないところを練習で補って、秋にまた代表に選ばれるよう頑張りたい」と話した。

 前日は高校野球史を塗り替える日本最速を計測。紅白戦で先発投手を務めると、2回25球を投げ、うち直球は14球、そのすべてで154キロ以上を記録した。2番打者の内海(横浜)の打席では3球目に中日スカウトのスピードガンで163キロを叩き出し、2回先頭の4番・黒川(智弁和歌山)に投じた2球目、6番・山瀬(星稜)を三振に仕留めた4球目も161キロと、160キロ以上も3度計測。内容も2回を6者連続三振、バットに当たったのが1番・森(桐蔭学園)のファウルチップと内海のファウルの2球だけと、高校日本代表の強打者らを相手に格の違いを見せつけた。

 それだけにスカウトの評価もうなぎ上りだが、特筆すべきはまだまだ未完成なところにあるという。あるスカウトが「長年スカウトをやっているが、正直歴代ナンバーワン。(大船渡は)強豪校と比べてそこまで練習をしっかりやってるチームじゃない。どうやったらこんなに球速が上がってくるのか、持って生まれた才能なのか」と話せば、別のスカウトからは「体の線も細く、ポテンシャルに対して体や筋力がついていっていない」との声も。

 また「今シーズン、本格的な投球をしたのは3月末の関東遠征で1試合と、今回が2度目。大船渡まで練習を見に行っても、ブルペンに入ってる様子すら確認できなかった。大船渡の国保監督の方針なのか、とにかく無理をさせていない。そのなかであの球速ですからね」と球速以上に佐々木の持つ“伸びしろ”に目を輝かせたスカウトもいた。

 では、これから体をつくっていけば、どこまでのスピードを手にできるのか。米大リーグ・ロイヤルズの大屋国際スカウトは「子供がそのまま投げてるような感じで、将来性からするとまだ65%くらい。彼の場合、まだまだ体ができていないので、そこの“余白”が35%はあると見ている。投手の球速は25歳くらいまでは伸びる。先発としても、今よりプラス5キロは速くなれる」。

 その上で「コントロール度外視で、スピードガンコンテストで投げるならそこからさらに5~6キロは出る。170キロも可能性は十分。現時点で163ですからね。全然目指してもいいところに来ています」と“170キロ超え”に期待を寄せる。

 現在、世界最速はヤンキースのチャプマンの171キロ。今後、順調に成長していった佐々木が世界一を更新する日が来るのか。日本人投手が世界で最も速いボールを投げる――。そんな時代が現実に来るかもしれないとは、想像しただけでワクワクするが…。まずは今夏のU―18で、日本悲願の世界一をつかむ。