センバツ優勝の東邦が名古屋に凱旋 石川主将が春夏連覇へ決意新たに

2019年04月05日 16時30分

 第91回選抜高校野球大会で5度目の優勝を成し遂げた東邦(愛知)が春夏連覇を誓った。歓喜のセンバツ制覇から一夜明けた4日、ナインは大阪から地元名古屋の同校に凱旋してV報告。生徒や教職員らに大きな拍手で迎えられた。投打に活躍した石川主将(3年)は「朝起きた時は優勝したのかな、と感じました。でも動画を見たりして昨日はすごいことをしたんだなと。3本のホームランボールは両親に渡したい」と笑顔を見せた。

 すぐにU―18代表合宿があるため5日に大阪へトンボ返りとなるが「疲れはない。(候補に選出された)大船渡の佐々木と話してみたい」と157キロ右腕との初対面を楽しみにしている。夏に向けても「目標が春夏連覇に変わった。いろんなチームが自分たちを倒しにかかる。負けないチームをつくるつもり」と決意を新たに。この日に還暦を迎えた森田監督も「石川は打撃に重点を置くトレーニングをもう一度やってほしい。石川だけじゃなく2枚、3枚と投手をつくらないといけない」と夏の全国制覇を見据えていた。