【センバツ】準V・習志野 小林監督が脱帽 「レベルが違う」

2019年04月04日 16時30分

甲子園を去る習志野ナイン

【ズームアップ甲子園】第91回選抜高校野球大会(甲子園)決勝が3日行われ、千葉県勢初の春制覇が期待された習志野(千葉)は東邦(愛知)に0―6で完敗した。東邦のエース・石川に2本の2ランを献上。投げても3安打に封じられ二塁を踏ませてもらえなかった。習志野・小林監督は「レベルが違う。大人と子供の違いがあった」と感嘆するしかなかった。

 応援団の美爆音を背に3戦連続の逆転勝ちで決勝に進んだが、2回戦の星稜(石川)戦でサイン盗み騒動が勃発。ネットを中心に習志野ナインへの批判が相次いだ。「チームにまったく影響はなかった」(飯塚)とナインらは平静を装ったが、騒動直後の試合では二塁に出ると、疑いの視線を浴びていると感じ疑心暗鬼になるなど、プレーをする上で支障が出た。また、星稜戦で中堅手の根本が死球を受け、一時戦線離脱。この日も先発した山内が5回に左足甲に打球を受け緊急降板とアクシデントも続いた。それでも今大会で得た経験は大きい。

 小林監督は「チームとしても個としても速いボールに対応はできるようになったが、それ以外のバリエーションを増やさないといけない」と課題を指摘。令和初の夏の甲子園での頂点を目指す。