【センバツ】サイン盗み抗議・星稜怒号の異常事態 林監督が習志野の控室に乗り込む

2019年03月29日 16時30分

試合後に怒りをあらわにする林監督。左は奥川

 第91回選抜高校野球大会の第6日(28日)第3試合の星稜(石川)―習志野(千葉)で“サイン盗み疑惑”が勃発した。大会屈指の好投手・奥川恭伸(3年)を擁する優勝候補の星稜はエースが10奪三振の力投を披露するも1―3と惜敗。2回戦で姿を消した。その試合後に林和成監督(43)が会見の場で「習志野の二塁走者がサインを盗んでいた」と指摘。それでも怒りは収まらず、習志野の控室まで出向いて小林徹監督(56)に直接抗議する異常事態に発展した。一夜明けた29日、林監督は日本高野連に謝罪したが、収束は見通せない。

 問題のシーンは習志野が初めて得点圏に走者を進めた4回一死二塁から始まった。星稜の捕手・山瀬が球審に「二塁走者がサインを盗んでいるようです」と申告。その後に高橋雅の左前にポトリと落ちる安打で一、三塁とされ、星稜ベンチは伝令を送る。何とか次打者を三ゴロに仕留めて二死一、二塁。6番・竹縄を2球で追い込みながら、今度は山瀬がマウンドに向かう。3球目の直球はファウルとなり、4球目のスライダーを右前に運ばれて同点。さらに山内への死球で二死満塁となった後、8番兼子の場面で林監督がベンチから出て二塁を指さし「セカンドランナー!」と指摘し試合が中断。審判4人が集まって協議した。

 しかし疑わしい動きは確認できず、二塁塁審が二走の竹縄に「まぎらわしい動きはしないよう」と注意しただけ。この回は同点止まりだったが、星稜は7回二死二塁から失策絡みで勝ち越され、その後もミスが出るなど流れを取り戻せず、9回に兼子のソロでトドメ。大会関係者や報道陣がザワザワしたのは試合後だ。台の上で報道対応していた林監督は、ひとしきり試合を振り返ると、おもむろに習志野への怒りをぶちまけた。

「フェアじゃない。習志野の二塁走者が(打者に)サインを出していた。(習志野は1回戦の)日章学園(宮崎)戦からずっとです。私、後ろからビデオを撮っていましたから。誰が見ても分かる。100%です。変化球などの球種のサインです。だからこっちはサインを捕手じゃなくて投手から出したりしました。ランナーコーチが出したり、あの手この手でやっていた。そこにこだわりすぎて4回の失点の場面につながった。サインミスして(7回の)パスボールにもなった。それでも最後まで(サインを)出していた」

 林監督は日章学園戦の映像を事前に選手に見せて注意を促し、試合前には審判にも疑惑を伝えていたという。怒りの収まらない林監督は「ちょっと行ってきます」と習志野の控室に出向き、小林監督に2度の直接抗議に出た。顔を突き合わせて「フェアじゃないですよ」「証拠がありますよ」「報道陣に映像を見せますよ」などと強い口調で小林監督に迫った。

 辛うじて大会関係者が2人を分けたが、習志野の野球部関係者は「何もしていませんよ。言いがかりじゃないか!」と声を荒らげ、ナインも「そんなことあるわけないし、今までそんなこと言われたことも一度もない。意味分かんない」と目をパチクリさせるばかりだった。

 大会審判員の窪田副委員長は「紛らわしい動きは確認できなかった。事前に林監督からも聞いていない。ビデオで見直すこともない。現段階では最終結論です」としたが、日本高野連の竹中事務局長は「問題提起されて確認するのはこちらの仕事。何をもって疑わしいと感じたのか」と星稜側から申し出があれば検証することを視野に入れている。林監督は「これからどういう形がいいのか…考えます」と険しい表情で球場を後にした。

 10三振を奪いながら涙をのんだ奥川は「こういう展開になっても逆転できるチームにならないといけない。この負けをプラスにして夏に向けてやっていきたい」と前を向いたが、何とも後味の悪い一戦となった。29日、林監督はサイン盗みを疑い、試合後に小林監督に抗議したことについて「私の行き過ぎた言動と行動で多大なご迷惑をおかけした」と日本高野連に謝罪したことを明らかにした。それでも不透明感は拭えない――。