【センバツ】履正社・岡田監督「うちのレベルで崩せるかどうか」と初戦の星稜・奥川を警戒

2019年03月15日 14時09分

抽選会を見守る履正社・-岡田監督(中央)

 第91回選抜高校野球大会(23日から12日間、甲子園球場)の組み合わせ抽選会が15日、大阪市内で行われ、大会第1日第3試合で優勝候補の星稜(石川)と履正社(大阪)が激突することになった。

 星稜の林監督は「神宮が終わったあとからセンバツでは優勝候補と言っていただいてきたが、選手たちにはよくて5番目から10番目くらいの実力だと言ってきた。野手陣の頑張りしだい。うちで全国レベルは(エースの)奥川だけ」と話した。

 対する履正社の岡田監督は「星稜さんは投打ともにレベルが高い。うちのレベルで崩せるかどうか。奥川くんはバッティングもいいですからね」と大会最注目選手の奥川を警戒した。