3試合連続ヒットの清宮 初守備でも魅せた“股割りキャッチ”

2018年05月05日 13時00分

清宮(左)の股割りキャッチで間一髪アウト!

 日本ハムのドラフト1位ルーキー・清宮幸太郎内野手(18)が4日のロッテ戦(札幌ドーム)に「5番・一塁」で先発出場し、第4打席で3試合連続となる中前打を放った。これまでの2試合はDHだったが、この日は初めて守備に就き、好プレーを含むノーエラー。試合は3―6で敗れたものの、着実に成長している黄金ルーキーの姿に、札幌のファンも大歓声を送った。

 この日の試合前、札幌ドームの大型ビジョンに「清宮1B」の文字がともると、札幌ドームは大きくどよめいた。一塁を守っていた中田は左翼へ、指名打者にはアルシアが入った。一軍昇格から3戦目にして黄金ルーキーが守備デビューを果たした。

「打」の見せ場は9回、先頭打者として迎えた第4打席だった。フルカウントからの7球目、ロッテの守護神・内が投じた134キロのスライダーを力強くはじき返すと、糸を引くような打球はセンター前へ抜けるクリーンヒット。見事に3試合連続安打とした。結局この日は3打数1安打。試合後は「一打席一打席必死にやってるだけ。結果はあとからついてくると思ってやってます」と淡々と振り返った。

「守」の見せ場は8回だ。平沢の打球を処理した二塁・太田が一塁送球を低投し、難しいバウンドに…。すると清宮が十八番の“股割りキャッチ”を試み、逆シングルで見事にすくい上げ、間一髪アウト! 清宮が「ファームや一軍昇格後も練習してきたので、信じて自信を持ってやれました」と振り返れば、太田も「ショーバンの送球でしたが(中田も清宮も)2人ともしっかり捕ってくれるので安心できました。(清宮の守備は)安定してましたね」と、一塁で2年連続ゴールデン・グラブ賞を受賞した中田と同等の賛辞を贈った。

 これまでの清宮といえば、自慢の打撃はともかく、守備の評価は「一軍では通用しないのではないか」と低かった。二軍では飯山内野守備コーチと猛特訓。全体練習や試合後などに居残り特守を行い、それでも練習中は平凡なノックも後逸するなど、不安の方が大きかった。

 だが、いざ試合本番となると、人が変わったように安定した守備を見せ、終わってみれば二軍では15試合に出場して無失策。「ミスター」と呼ばれた長嶋茂雄氏がそうだったように、練習ではサッパリでも「本番に強い」のはスーパースターの証明でもある。この点について、飯山コーチは一軍昇格前「守備力が成長していることは間違いないでしょう。(本番に強いところを)本人が自覚しているかは分かりませんけどね…」と一定の評価をしていた。

 清宮が一塁でも使えるとなれば、中田やアルシアを交互でDHで使うなど2人の負担も軽減し、チームとしては願ったりかなったり。打撃面では期待通りの活躍をしているだけに、清宮がチームに欠かせない戦力となりつつある。

関連タグ: