阪神・秋山がチーム初完投で2勝目 完封逃すも「僕らしいかな」

2018年05月01日 22時50分

笑顔でヒーローインタビューに答える秋山

 阪神・秋山拓巳投手(27)が1日、DeNA戦(甲子園)に先発し、今季のチーム初完投で2勝目をマークした。

 8回までわずか3安打、9回に犠飛で1点を与え、新人イヤーの2010年以来、8年ぶりの完封勝利こそ逃がしたが「立ち上がりに最高の形で3人で終わることができ、(打線に)3点取っていただいて流れに乗れた。完封を逃がした? 詰めが甘いなと。僕らしいかなと思います」と充実感をにじませた。

 疲労困ぱいの救援陣を休養させる価値ある白星で、チームを勝率5割復帰に導いた右腕に、金本監督も「完投してくれたので二重丸です」と喜んだ。