ダルビッシュ6回8K1失点快投も初勝利またもお預け

2018年04月28日 12時00分

ブルワーズ戦で好投したダルビッシュ(ロイター=USA Today Sports)

【イリノイ州シカゴ発】カブスのダルビッシュ有投手(31)は27日(日本時間28日)、本拠地でのブルワーズ戦に先発し、6回を3安打1失点(自責点0)、8三振2四球で、勝敗は付かなかった。勝利投手の権利を持って降板したが、救援陣が追いつかれ、今季初白星と日米通算150勝は次回登板にお預けとなった。一方、ここまで不安定な投球が続いていただけにシカゴの地元メディアも安堵していた。

 6回最後の打者ペレスをカウント1―2と追い込むと、外角低めスライダーで空振り三振に打ち取った。この日、8個目だ。ダルビッシュは胸を張ってベンチに戻るとリグリー・フィールドは大きな「Yu」コールに包まれた。

 6年1億2600万ドル(約137億3400万円)で移籍も今季ここまで4試合に先発して2敗。うち3試合は5回途中KOと先発の役割を果たしていない。本拠地ファンの前で仕切り直しのマウンドだった。

 初回、先頭ケーンは初球に手を出し、右翼線へフラフラ上がる小飛球。これをゴールドグラブ賞5度の名手・ヘイワードが落球し、いきなり無死二塁のピンチとなった。2番イエリチを空振り三振に仕留めたが、3番アギラの2球目に三盗を許し、左犠飛で先制点を許した。その直後の攻撃で味方打線が先頭から3連打で2―1と逆転。気持ちを切り替えると2回は三者凡退。3、4回は走者を許しながら無失点。そして、課題の5回。7番ソガード、8番ピナを連続三振としたが、投手・スーターに中前打され、1番ケーンに四球。悪夢の再来かと思われたが、2番イエリチを投ゴロに片付け、無失点で終え、勝利投手の権利を手にした。6回も無失点で抑え、勝利投手の権利を手にして降板。救援陣に託したが、同点に追いつかれた。

 白星は逃がしたが、好投を受け、地元メディアの記者は安堵。カブス公式サイトのキャリー・マスカット記者は「5回目の先発で5回を無失点で投げ切ったのは今回が2度目(この日は1失点も自責点0)。104球を投げて自身通算2本目の二塁打も放った」と合格点を付けた。さらにデーリー・ヘラルド紙のブルース・マイルズ記者は「“Yuuuuuuuu”ダルビッシュが6回104球で被安打3、自責でない1失点」と評価した。

 次こそ相手を圧倒する投球で今季1勝目と節目の記録の達成だ。