イースタンで5戦4発!清宮「パワプロ」に追い付いた!?

2018年04月27日 16時30分

ヤジ将軍としてもチームを盛り上げた清宮

 日本ハムのドラフト1位ルーキー・清宮幸太郎内野手(18)が26日、イースタン・楽天戦(鎌ケ谷)に「3番・一塁」で先発出場し、1打席目でプロ入り4本目となる本塁打を放った。ここ5試合で4発と、いよいよ一軍昇格は秒読み段階となってきたが、そんな清宮の状況に“あの業界”が大盛り上がりとなっているという。

 1回二死走者なしの場面で迎えた第1打席。楽天先発・戸村の投じた1ボールからの2球目だった。内角の143キロ直球を捉えると、打球はやや詰まりながらもそのまま右翼スタンドへ。自慢のパワーを見せつけた清宮は、地元ファンの大歓声の中、満面の笑みでベースを一周した。

 その後は空振り三振、四球、左飛で、この日は3打数1安打。それでも20日にプロ入り初本塁打を記録してから、ここ5試合で4本塁打と、驚異的なペースでアーチを量産している。

 試合後は「うまくタイミングが取れて良い感じに打てました」と満足そうな表情で振り返り、感触については「行ったとは思いましたが、詰まった当たりだったので…。ちゃんと走りました」とはにかんだ。

 そんな黄金ルーキーの急上昇ぶりを、大喜びしているのが「KONAMI」だ。というのも、人気野球ゲーム「パワプロ」シリーズの最新作「実況パワフルプロ野球2018」が26日に発売。同シリーズには清宮が初登場し、ゲーム内の清宮の扱いには相当、気合を入れていたという。にもかかわらず清宮がいつまでも二軍のままでは格好がつかなかったからだ。

 ゲーム内での清宮は、特徴的なフォームを持つ選手として特別に「固有フォーム」が設定されているのだが、業界関係者によると「新人で固有フォームが収録されるのは極めて異例のことです」という。

 また、データに関しても新人としては高い数値が設定されており「KONAMI社内でも議論となったそうだ」(同関係者)。

 それがまさかの体調不良により開幕二軍…。当初、社内には重苦しいムードが流れていたようだが、それが一転、発売日に合わせたかのような大爆発とあって「最近の清宮くんの活躍で、大盛り上がりとなっているようですね」(同)という。

 グラウンド外でも注目の的となっている黄金ルーキー。一軍でも「パワプロ」のデータ以上に打ちまくり、KONAMIに「もっと高い数値に設定しておけばよかった!」と“うれしい悲鳴”を上げさせることはできるか。

関連タグ: