大谷 次回登板は日本時間25日のアストロズ戦

2018年04月23日 11時17分

試合前、ブルペンで投球する大谷

【カリフォルニア州アナハイム22日(日本時間23日)発】エンゼルス・大谷翔平投手(23)のメジャー4戦目となる次回登板が24日(同25日)の敵地でのアストロズ戦となることが正式発表された。

 メジャー初の「4番・DH」でスタメン出場し4打数1安打だったこの日のジャイアンツ戦後、ソーシア監督が明言したもの。この日の試合に2―4で敗れたエ軍はその差を1・5ゲームに広げられたア・リーグ西地区首位のアストロズと23日(同24日)から敵地・ヒューストンで3連戦を迎える。

 その大事な首位攻防3連戦を「スカッグス、大谷、トロピアーノ」の3先発で臨むエ軍。登板前後となる1、3戦ではDH起用ができなくなる大谷が右手中指にできたマメの影響で2回3失点降板した前回17日(同18日)のレッドソックス戦から回復しチームに勝利を呼び込む投球ができるかがポイントになる。

 その大谷はこの日の試合前にブルペン入りし37球の最終調整。「(マメは)順調に回復していると思います」と中6日登板に問題のないことを強調した。