フィギュア宮原知子が甲子園で始球式「ノーバンでいけたのでよかった」

2018年04月22日 15時35分

始球式を行った宮原知子

 平昌五輪フィギュアスケート女子シングルス4位、世界選手権で銅メダルを獲得した宮原知子(20=関大)が22日、甲子園球場で行われた阪神―巨人戦の始球式に登場した。

 好きな数字だという「1」と「8」を使った「81」のユニホームと阪神カラーの特製グラブでマウンドに上がると、華麗な2回転ジャンプを披露。さらに豪快なフォームからのノーバン投球で観客を沸かせ「ノーバンでいけたのでよかった。『ナイスピッチングです』と言っていただいた」と笑顔を見せた。

 現在は体を休めながらマイペースで練習しているというが「すごく感動しました。熱狂的なファンの方の熱気が伝わってきた」と初めて経験する甲子園の雰囲気に刺激を受けた様子だった。