日本ハム清宮が二軍戦出場 プロ初打席は空振り三振

2018年04月10日 18時45分

空振り三振の清宮

 日本ハムのドラフト1位・清宮幸太郎内野手(18=早実)が10日、イースタン・リーグの西武戦(メットライフドーム)に「5番・DH」で先発出場した。

「限局性腹膜炎」で離脱後、初の実戦ということもあり、1打席のみの出場。2回一死走者なしで打席に立ち、西武先発・南川の132キロのチェンジアップに空振り三振を喫した。

 試合前のフリー打撃では病み上がりとは思えない打球を連発。チームメートが口々に「エグイ、エグイ」と声を上げる中、最後は右翼席上の広告に当てる特大弾を放ち、周囲を驚かせた。

関連タグ: