阪神・ロサリオに北新地から夜のおもてなしエール

2018年03月30日 16時30分

金本監督(左)が見守る中、快音を響かせるロサリオ

 プロ野球はいよいよ30日にセ、パ両リーグが同時開幕する。東京ドームで巨人に戦いを挑む猛虎の鍵を握るのは新助っ人のウィリン・ロサリオ内野手(29=前韓国ハンファ)だ。オープン戦は不振に終わった悩める主砲には、ネオン街から“おもてなしエール”が届いた。

 ロサリオが初の日本でのシーズンに向けて腕をぶした。前日練習となった29日、初の東京ドームでのフリー打撃では看板直撃弾など柵越えを連発し「準備はできている。東京ドーム? 練習をしただけだけどバッターにとっていい球場だという印象。シンプルに来た球を打つことが大事になる」と闘志を燃やした。そんな新助っ人への強力援護を約束するのが地元・大阪のネオン街である北新地だ。「北新地社交料飲協会」の織田高央外務部長は「やはり阪神が強いと新地も盛り上がる。去年は2位でクライマックスまで行っているので今年こそは優勝していただきたい。特に4番を打つロサリオ選手には注目しています」。さらに「シーズン中はなかなか難しいかもしれないですが、ぜひとも新地に来ていただきたい。接客に関しては最高級のママさんやホステスさんが揃っているのでお楽しみいただけるはず。世界広しといえどもこれだけの歓楽街はここだけ。新地の“おもてなし”を味わってもらいたい」とラブコールを送る。

 ロサリオの打棒爆発によってチームが優勝した暁には大盤振る舞いでねぎらうプランまである。金本監督は「2か月くらい1割台だったら気分転換に3番打たせるとかあるかもしれないけど、基本的に4番というのは変わりない。かなり打ってくれそうな気がしている」とロサリオに絶対の信頼を置く。秋に勝利の美酒を味わうためにも打ちまくるしかない。