阪神・金本監督「星野氏お別れ会」で涙の弔辞“闘将映像集”でV奪回へ

2018年03月29日 16時30分

弔辞を述べた金本監督

 阪神・金本知憲監督(49)が28日、大阪市内で行われた星野仙一氏の「お別れの会」に出席し涙ながらに13年ぶりのV奪還を誓った。弔辞では号泣しながら「今年選手とともに頑張って必ず優勝しますので天国から『よくやったな』という言葉をかけてください。ウイニングボールを供えに行きますので待っていてください」と遺影に向けて語りかけた。

 チームとしても開幕前に決意を新たにした。そんななか、優勝するための教材として注目されているのが“闘将映像集”だ。この日、会の冒頭では約5分間、友人である小田和正の曲が流れる中、生前の足跡を振り返る映像が披露された。

 2003年のリーグ制覇決定の歓喜の瞬間や日本シリーズで金本監督が放ったサヨナラ本塁打に大喜びする姿などが映し出され「監督らしく笑顔の多いVTR。監督のような気持ちをどれだけ持っていけるかだと思う」(福留)と出席者の胸を打った。

「星野さんの戦う姿勢は何度見ても心に来るものがある。今年は恩返しのために必ず優勝しないといけない。チームが不調になったときに、活を入れるためにも選手にこのVTRを見てもらうのがいい。星野さんの諦めない姿を学ぶことができる」(球団幹部)とシーズン中、ナインにも視聴させてモチベーションを上げるプランが浮上している。

 金本監督が常々口にしているように、チームとして一度不調に陥るとなかなか復調できないのが伝統的な阪神の弱点。その克服のための闘将映像集だ。弔いのリーグ制覇を目指す猛虎は闘将の魂とともに戦うことになる。