大谷開幕メジャー!投手デビューは日本時間2日のアスレチックス戦

2018年03月28日 15時15分

試合前にブルペンで投球練習する大谷

【カリフォルニア州ロサンゼルス27日(日本時間28日)発】エンゼルス・大谷翔平投手(23)の投手デビューが4月1日(同2日)の開幕カード、アスレチックス戦の第4戦(オークランド)に決まった。

 オープン戦最終戦となるこの日のドジャース戦(三塁ベンチ前の下水管破裂により5回コールド)後、ビリー・エプラーGM(42)が大谷をメジャー契約の前提となる40人枠に入れることを公式発表。続いてソーシア監督が「翔平はオークランドの第4戦に先発させる」と発表したもの。米全国紙USAトゥデーは当初、球団幹部からの情報として「大谷は29日の開幕アスレチックス戦にDHとして出場し、31日の第3戦に投手として先発する」と予想をしていたが、これは外れた形だ。

 これで開幕投手のリチャーズからスカッグス、シューメーカー、大谷までア軍4連戦に登板する4投手が決定。マイナー紅白戦なども含むキャンプ5試合(13回)で19失点と「投手」としての適応に苦しむ大谷は、プロ6年目の経験を期待されての開幕メジャー(25人枠)となる。

 その大谷はこの日の試合前、ドジャー・スタジアムで25球のブルペン調整を行った。