メジャー初2試合連続安打 大谷ノーステップ打法で光明

2018年03月28日 16時30分

前日にノーステップの新打法で結果を出した大谷

【カリフォルニア州ロサンゼルス27日(日本時間28日)発】エンゼルスの大谷翔平投手(23)に光明が見えてきた。8番・DHで出場した26日(同27日)のドジャースとのオープン戦では“ノーステップ打法”を披露し、初の2試合連続安打をマーク。通算成績は32打数4安打で打率1割2分5厘ながら、我慢し続けてきた首脳陣もひと安心の様子だ。

 低空飛行が続いていた大谷の打撃で、課題だったタイミングの矯正にようやく方向性が見えてきた。テンポの速い相手投手のリズムに合わせるため、打撃動作のディテールを省略。あらかじめグリップのトップの位置をつくっておき、投手側の右足はほぼノーステップ。自分の形で待つ十分な時間を確保し、手元で動くボールに対応するというものだ。26日のドジャース戦では“新打法”で昨季12勝の左腕ヒルから左前打を放った。

 大谷によれば「(ヒンスキー)打撃コーチとかいろいろな人に話を聞きました。でも、結局は自分で消化してどうやってやりたいかということが一番。自分の感覚を優先した」結果だという。ソーシア監督も「タイミングさえつかめたら心配はいらないと思う」と手応えを口にした。

 なんとかトンネルの出口が見えてきたのは、首脳陣の我慢強さのたまものでもある。投打とも結果が出ていなかった新人に対して、ここまで時間的猶予を与えるのは異例のこと。しかし、それを可能にしたのは大谷の人間性だったようだ。エプラーGMは「僕はこれまでたくさんの野球選手を見てきたけど、彼ほどの冷静さを持っている選手はほんのひと握り。彼のような落ち着いた選手は逆に周りを安心させてくれるものだ」と力説する。

 ここまで二人三脚で打撃スタイルを模索してきたヒンスキー打撃コーチも「彼は打撃ケージにもたくさん入っているし、メジャーリーグのレベルで成功しようと頑張っている。彼はグレートになりたい謙虚な青年。僕のアプローチは彼に対して常にポジティブでいること」と敬意を表する。

 首脳陣にとっては大谷の日本での5年に及ぶキャリアも“精神安定剤”になっているようだ。ソーシア監督は「同じ23歳の選手と比べて、翔平には日本での経験があるから自信がある。23歳としては考えられないぐらいのアドバンテージがあって、ゲームをよく理解している」と言う。試行錯誤してきた二刀流が、開幕を前にこれまでとは違った輝きを見せつつある。