日本ハム・斎藤が二軍戦で5回3失点「こんなもんかなって感じです」

2018年03月25日 17時18分

5回を投げ3失点だった斎藤佑樹

 日本ハム・斎藤佑樹投手(29)が25日、イースタン・リーグのDeNA戦(鎌ケ谷)に先発し、5回6安打3失点(自責1)、無四球だった。

 初回、簡単に二死を取った後、石川に死球。続く細川の飛球を右翼・森山が落球し、二死二、三塁のピンチを背負うと、山下に中前へ2点適時打を許した。

 2~3回は走者を背負いながら無失点に抑えたが、4回に先頭・網谷に左中間へ本塁打を浴びた。予定された5回を投げ切った斎藤は「こんなもんかなって感じです」と振り返った。

 次回も二軍で投げるが、日程は未定で「これより何かを良くしようというより細かいコントロールだと思うので、そのへんを次につなげられるように続けていこうかなと思います」と淡々と話した。