上原「お父さん」と呼ばれ苦笑

2018年03月24日 16時30分

田口(右)に「お父さん」と呼ばれて苦笑いの上原

 巨人・上原が、23日の楽天とのオープン戦(東京ドーム)で8回から登板し、2安打を許すも1イニングを無失点に封じた。「(日本の打者は)空振りをしてこないし、ヒットの打ち方もいやらしい。空振りを取れるようにスプリットの精度を上げたい」と課題を挙げたが、前回登板より高めに抜ける球が減り、最速も139キロを記録。状態は着実に上がっている。この日は試合前に後輩の田口とトークイベントにもサプライズ出演。両親が上原と同年齢という田口から「『お父さん』と呼ばせてもらいます」といじられると、ベテラン右腕は苦笑しつつも「(田口が)そういうので『お父さんと呼んでいいよ』と言いました」と返し、ファンの爆笑を誘っていた。