献花台に2日間で計2万4990人 闘将・星野氏との別れ惜しむ

2018年03月11日 17時36分

献花するファン

 故星野仙一氏の追悼試合が行われた前日(10日)に続き、甲子園では今年初の阪神―巨人戦が行われた11日も献花台が設置された。

 この日の8077人と合わせ、2日間で計2万4990人ものファンが花を手向け、2003年にチームをリーグ制覇に導いた闘将との別れを惜しんだ。

 チームは6―3で宿敵・巨人を破りオープン戦初勝利。谷本副社長は「2日間とも天候に恵まれてよかった。お客さんも当時の星野野球を思い出されていたと思う。多くのファンが献花される姿をご遺族の方が喜んでおられ、球団として何よりでした」と話した。