イチローにマリナーズGM期待「1週間4、5試合出てほしい」

2018年03月10日 12時00分

ライブBPの打席に立つイチロー

【アリゾナ州ピオリア発】マリナーズのイチロー外野手(44)は9日(日本時間10日)、ライブBP(打撃練習)で打席に立ち、3打数3安打と全開モード。オープン戦出場への準備は、ほぼ整った。

 中継ぎの主力・ビンセントを相手に1打席目は左中間へ、2打席目も右中間へともに二塁打性の当たりを放った。3打席目は左中間方向へのシングル。ライブBPが終了するとフリー打撃で打ち込んだ。打撃投手の球を29スイングしてサク越え2本。イチローは「昨日(の打撃投手)が難しすぎてとても簡単に感じました。でもいい練習でしたね」とご機嫌だった。

 そんなイチローの次のステップについてサービス監督は「次はゲームに出ると思う。日曜日かどうかはまだ確かではない。イチローと話をしてから決めたいが、先送りにはしなくない」と語った。イチロー本人も11日(同12日)を希望していただけに、その日に当地で行われるレッズ戦が濃厚と思われる。

 ディポトGMや監督をはじめマリナーズ首脳陣のイチローに対する期待は小さくない。「ベンチに座っているために契約したわけではない。1週間に4、5試合は出場してもらいたい」とGM。「それに応えたいですね。あったり前ですけど。そういう種類の期待はここ数年なかったですから」と背番号51は意気を感じていた。

関連タグ: