巨人・岡本が2戦連続弾 開幕スタメンへ猛アピール

2018年03月08日 16時30分

2戦連続アーチとなる2ランを放った岡本

 開幕一塁の座をベテランの阿部と争う巨人・岡本が7日のロッテ戦(ZOZOマリン)で2戦連続アーチを放って猛アピールした。2回二死一塁から新外国人左腕のエドガー・オルモス(27=前レッドソックス3A)の直球を捉えて左翼席中段へライナーで運んだ。初回にも一死一、二塁で右前に適時打を放っており計4打点。由伸監督も「いいバッティングだと思います。ホームランが出たのは良かった」と目を細めた。昨季限りで退団した村田(現BCリーグ栃木)の背番号25を継承した若きスラッガーは「調子がいい、悪いは言っていられない。好不調の波をなくしていかないと」と気持ちを引き締めていた。