イチロー古巣マリナーズ復帰を歓迎!キャンプ地にファン集結

2018年03月07日 11時30分

キャンプ施設前にはイチロー復帰を歓迎するファンが集まった

【アリゾナ州ピオリア6日(日本時間7日)発】マリナーズ復帰が決まったイチロー外野手(44)だが、キャンプ施設に姿を見せなかった。球団広報は「今日は大きな発表はない」とアナウンス。入団会見は7日(同8日)以降に持ち越しとなった。

 早朝から球団オフィス前には報道陣が集まり、イチローのキャンプ地入りを待ち受けていた。その数は30人を超え、テレビカメラも6台がスタンバイ。イチローのレプリカユニホームやパネルを手にしたファンも駆けつけた。地元紙シアトル・タイムズ(電子版)が実施したマリナーズがイチローと契約することの是非を「グッドアイデアか?」と問うアンケートでは賛成が反対を上回った。日本時間7日午前8時時点で「賛成」45・69%、「反対」28・71%、「どちらでもない」25・29%だ。

 マリナーズはこの日、ロッキーズとのナイターとあって選手の球場入りは正午過ぎ。マーリンズ時代にイチローの弟分で、今季からマリナーズにトレード移籍したディー・ゴードン外野手(29)は施設入りする際に「イチは今日来ないぞ。明日、明日」と報道陣にニヤリ。その後、開放されたクラブハウスに入るとすでにイチローのロッカーが用意されていた。「ICHIRO 51」のグリーンの練習ユニホームが掛けられ、「ICHIRO・SUZUKI」と書かれた段ボール箱が6つほどロッカー前に積まれていた。

 サービス監督の会見で状況が明らかになると思われたが、会見前に球団広報が「所属していない選手に関する質問はしないように」と報道陣にクギを刺したこともあり、イチローの名前は出なかった。

 イチローの合流はいつになるのか。身体検査で問題があったというより、現在、マリナーズは40人の支配下枠がいっぱいのため、誰を外すかの調整に手間取っているのだろう。マリナーズのユニホームを着たイチローを早く見たい。

関連タグ: