エンゼルス・大谷がラップ習得中!?チームメートが明かす

2018年03月03日 16時30分

【アリゾナ州メリーベール2日(日本時間3日)発】エンゼルス・大谷翔平投手(23)がチームメートと積極的に交流し、その人柄で魅了している。2013年に46盗塁でナ・リーグ盗塁王に輝いたエリック・ヤング外野手(32)もその一人だ。初対面のシーンをこう振り返る。「俺から自己紹介したんだけど『あなたは足が速いですね』って言われて『OK、OK、ちゃんと見てるじゃん』って気分が良かったよ。それってチームメートを知ろうと努力してくれてる表れだろう? その上、投げて打てたら、もう求めることは何一つないね」

 日米メディアに追われているにもかかわらず「あれだけ注目を集める中で実に落ち着いている。すごく安定している上に、野球を楽しそうにやっている」とヤングは感心する。こんな素顔も明かしてくれた。「試合前にクラブハウスで音楽を大音響でかけるんだけど、よくシャザム(携帯アプリ)を使って、曲を調べて覚えようとしているよ。どんな音楽が好きかは分からないけど、ジャンルはロック、R&B、それにラップ!」。大谷が努力しているのは野球だけではない。