ダルビッシュ体調回復 ブルペンで30球

2018年02月28日 11時30分

【アリゾナ州メサ発】前日まで体調不良を訴えていたカブスのダルビッシュ有投手(31)が27日(日本時間28日)、ブルペンで変化球も交えて30球を投げた。腸炎のような症状が出て「下痢がひどかった」そうだが体調も回復し、3月1日(同2日)に予定されているロッキーズとのオープン戦での初登板に向けて「カーブもチェンジアップも投げていけたら。あまり結果を求めて縮こまったピッチングをするのではなくて、今しかできないいろんなこと、試せることがあると思う」と意気込んだ。

 オフから取り組んできたカーブも安定感が増してきた。「去年、一昨年みたいに抜けたり引っ掛けたりがなく、すごく満足している」と手応えを感じている様子だ。