キャンプ打ち切りの巨人 坂本&菅野がコメント「実戦に入れる準備はできた」

2018年02月27日 18時54分

 巨人は27日、コーチ、選手のインフルエンザの感染が計4人に増えたことを受け、沖縄・那覇キャンプを予定よりも1日早く打ち上げた。異例の措置となる中、投打のリーダーが球団を通じて、キャンプを総括するコメントを発表した。

 主将の坂本勇人内野手(29)は「個人的にはケガなくキャンプを終えることができて満足しています。しっかり振り込むこともできましたし、実戦に入れる準備はできたかなと思います」と振り返り「これからのオープン戦でさらに状態を上げていって、開幕からいいスタートが切れるように、チーム一丸となってシーズンを戦っていきたいです」と前を見据えた。

 また、今季から選手会長に就任した菅野智之投手(28)は「ここまで順調です。今後のオープン戦でイニング数を増やしていって、万全の状態で開幕戦を迎えられるように、しっかり調整していきたいと思います。開幕投手を任される以上、今シーズン、自覚と責任を持って投手陣の先頭に立って頑張ります」とエースらしい言葉で締めくくった。

関連タグ: