大谷“ドラえもん仕様”のスライディンググローブを初使用

2018年02月27日 11時30分

3回一死、暴投の間に二塁へ滑り込む大谷

【アリゾナ州ピオリア26日(日本時間27日)発】エンゼルスの大谷翔平投手(23)が敵地で行われたパドレスとのオープン戦に2番・DHで打者デビュー。1、2打席とも四球後の5回一死二塁の第3打席で中前適時打を放った。

 注目を集めたのは塁上の大谷の右手だった。指が分かれていない“ドラえもん仕様”のスライディンググローブを初めて使用したのだ。目的は走者としての帰塁時やスライディング時などに、投手としての利き手の右手を保護するため。大谷は「今日初めて着けたので、一回試してみながら」と、今後も試合の中で継続使用して改良を加えていく考えを示した。