大谷フィーバー!「二刀流丼」も出た

2013年02月02日 14時00分

 日本ハムのドラフト1位・大谷翔平投手(18)が1日、二軍キャンプ地の国頭村で、大フィーバーの中、プロ人生のスタートを切った。

 ダルビッシュが背負った番号11をつけて球場に足を踏み入れた大谷を待ち構えたのは、100人を超える報道陣と300人の来場者。報道陣の数は一軍を上回り、異例の盛況ぶりを見せた。

 球場の外でも“大谷効果”は抜群。売店にはイノシシと豚の肉を配合した「イノブタ丼」を大谷の二刀流挑戦に引っ掛けた名前に変えた「二刀流丼」が登場し、昼過ぎには早々と売り切れた。常に2人の警備員が“大谷番”として大物ルーキーを守り、大谷の動きに合わせて大勢のファンとマスコミが移動した。

 この日の練習メニューでは投手、野手両方に大谷の名前があり、メイングラウンドとサブグラウンドを交互にせわしなく行き来した。初めての屋外での打撃練習では距離感覚が普段と違って「タイミングがつかめなかった」と反省点を口にしたが二刀流練習に関しては「メニューの流れが分かったので練習の不安は減りました」と笑顔を見せた。

 午後には栗山監督が視察に訪れ「注目されているし、本人も疲れているんだろう。まずは元気にプレーしてくれれば」と大谷を気遣った。慣れない“二刀流練習”に加えて異常なほどの人気ぶり。だがキャンプは始まったばかりだ。「エースで4番」を目指し、へこたれずに突き進む。