日本ハム・清宮 フリー打撃再開へ「フルスイングも大丈夫かなと」

2018年02月20日 19時26分

子供たちと交流した清宮

 日本ハムのドラフト1位・清宮幸太郎内野手(18=早実)ら6選手が練習休みの20日、沖縄・名護市内の児童養護施設を訪問し、3~14歳の児童ら20人と交流した。

 施設内の広場で野球やバスケットボールなどで交流。清宮は「こうやって自分たちが来ることで元気を与えられたり、野球を好きになってもらえたら」と笑顔で話した。

 右手親指を負傷したが、21日にはいよいよフリー打撃を再開する見込み。「フルスイングも大丈夫かなと思う。いつかは打席に立つので、ちゃんと準備したい」と意気込んだ。

関連タグ: