「おむすび君」?「どんぶり君」? 清宮に新ニックネームを!

2018年02月20日 16時30分

ベンチで声を張り上げる清宮。後ろは栗山監督

 日本ハムは19日、金武町ベースボールスタジアムで韓国KIAと練習試合を行い、7―3で勝利。ドラフト1位の清宮幸太郎内野手(18=早実)は出場しなかったものの、ベンチから声を出してチームを鼓舞した。

 午前中はあけみおSKYドームで室内練習。ティー打撃では横から20球、前方から43球の力強い打球を飛ばし、右手親指の回復ぶりをアピールした。この日は評論家の張本勲氏(77)が視察に訪れ「もちろん現役時代は知らないので『喝!』と『あっぱれ』の人というイメージ。『あっぱれ』をもらえるように頑張りたいです」とはにかんだ。本格的な打撃練習については「順調にきている。休み明け(21日)には打てると思う」と腕をぶした。

 そんな清宮に、チーム内からは「オリジナルのニックネームを!」との声が上がっている。「キヨ」の愛称で親しまれ、チームにも溶け込んできた清宮だが「『キヨ』だと多くの人は清原(和博)さんを連想しますよね。それもいいんですが、自分だけのオリジナルだともっと愛着が湧く」と力説するのは清宮のジム仲間で以前から親交のある横尾俊建内野手(24)。自身もアンコ形の風貌から「おにぎり君」と命名されたことで、モチベーションがアップしたという。

「僕は白井コーチ(現評論家)からつけてもらったんですけど、ちょうどそのころから打撃の調子が上がってきた。活躍して、もっと呼んでほしいと思うようになるし、気に入っています」(横尾)

「おむすび君」「どんぶり君」など、いろんな候補が考えられるが…。果たして「キヨ」を上回るニックネームが誕生するのか、注目だ。

関連タグ: