清宮が憧れの阪神・金本監督と感動の対面

2018年02月19日 16時30分

一塁守備に就いた清宮

 日本ハムは18日、阪神との練習試合(宜野座)を行い、0―0で引き分けた。ドラフト1位・清宮幸太郎内野手(18=早実)は右手親指のけがの影響もあり、この日は8回から守備のみでの出場にとどまった。

 うれしい対面もあった。大の虎党である父・克幸氏や祖父の影響で物心ついたときから阪神戦を見て育った清宮は、自身も熱烈な阪神ファン。中でも金本監督は現役時代のころから憧れの選手で、少年時代にはスイングをマネしたほどだ。この日はベンチ裏で阪神・金本監督とあいさつを交わし「大きいなと(言われた)。思ったより笑顔で話しかけてくれて、威勢がよかった。ちっちゃいときから見ていた方で、体もまだガッチリしていて…。ちょっと感動しました」と目を輝かせた。守備のみでの出場とはいえ、憧れのチームと“アニキ”との対面に大きな刺激を受けたようだ。

「ティー(打撃)でのスイングの数も増えてきたし、振る強度も上がってきてる。ちゃんと試合に間に合いたい」と改めて完全回復を誓った清宮。アニキからのエールも糧に、打撃解禁ももうすぐだ。

関連タグ: