ダルビッシュ「今は自分の体に不安がない」

2018年02月19日 11時30分

キャッチボールで汗を流すダルビッシュ(ロイター=USA TODAY Sports)

【アリゾナ州メサ発】カブスのダルビッシュ有投手(31)は18日(日本時間19日)、軽めの調整だった。キャッチボールは台湾出身の曽仁和投手(23)を相手に行い、バッテリー間の距離ではカーブ、チェンジアップ、スライダー、カットボールなどを交え、変化球の感覚を確認した。

 今後の予定について、ジム・ヒッキー投手コーチは「明日(19日=同20日)からライブBP(打者を立たせた投球練習)がメニューに加わるが、ユウは火曜日に投げる」と、20日(同21日)にも移籍後“初マウンド”に上がる見通しを示した。「今は自分の体に不安がないというか、技術やフォームとかに集中できるので、全体的にレベルアップできればいい」と順調に調整中の右腕は、新たなチームメート相手にどんな投球を披露するか。