元中日パウエル氏15年ぶり名古屋に

2013年01月31日 16時00分

 元中日のアロンゾ・パウエル氏(現パドレス打撃コーチ補佐)が30日、来日した。現役時代よりも少しかっぷくは良くなったが愛嬌のある表情は当時のまま。「名古屋は15年ぶり。空港が新しくなったね」と感慨深げに話した。

 

 同氏は1994年から3年連続で首位打者に輝く大活躍をした歴代トップクラスの外国人助っ人。今回は自身が推薦した新外国人のマット・クラーク内野手(前パドレス3A)のアドバイス役としてやってきた。「彼のことは3年ぐらいよく見てきた。推薦したのは打点を取れる選手だということ。俺も中日に来た時は彼と同じ26歳だった。きっとやると思うよ」とクラークの活躍に太鼓判を押した。