日本ハム中田が清宮の打撃練習「早く見てみたい」

2018年02月09日 11時34分

【アリゾナ州スコッツデール発】日本ハムの新主将・中田翔内野手(28)が清宮幸太郎内野手(18=早実)の打撃練習再開を待ち望んでいる。

 8日(日本時間9日)、第2クール終了時点までのドラ1ルーキーの印象について中田は「そこまで深くしゃべっていないんで分からないけど、マイペースでちょっと変わっているのかなという部分がチラホラ見える。マイペースなところはいいのかなと思う。守備に関してもすごくよくやっていると思う」と語った。

 一方で右手親指負傷の影響で封印されたままの打撃については「この時期まで全くやっていない。一番本人が慌てているのかなと思うし、ちょっと遅いスタートなのかなと思う。個人的にも早くバッティングを見てみたい」と次クールにも封印が解かれる打撃練習に興味津々だった。