ダルビッシュにツインズが正式オファー カブスとの一騎打ちの様相

2018年02月09日 12時00分

ダルビッシュ(ロイター=USA TODAY Sports)

【カリフォルニア州ロサンゼルス8日(日本時間9日)発】ドジャースからFAになったダルビッシュ有投手(31)について、米ラジオ局1500ESPNは7日(同8日)に「ツインズがダルビッシュに正式オファー」と報じた。詳細は不明だが、契約年数4~5年、総額1億ドル(約109億円)~1億500万ドル(約114億円)と推測されている。エース右腕サンタナが右手中指手術で5月まで復帰できない見込みのため、本気モードだ。

 この報道を受けて再び注目されたのが、カブスとマイナー契約したクリス・ジメネス捕手(35)だ。昨年はツインズでプレー、レンジャースに所属していた2014、15年はダルビッシュの専属捕手を務めた。この日、ラジオ局CBSシカゴの電話インタビューでジメネスはカブスへ勧誘しているとしつつも、ツインズの可能性も示唆した。「オフシーズンの始めのころに電話してきて、ツインズの街、チーム、コーチ陣などについて質問してきたんだ。僕は彼にとって(ツインズは)素晴らしいチームだよ、と正直に伝えたよ。シカゴ(カブス)の方がいいと思うけどね(笑い)」

 その上で「友人として、彼が一番成功できると思うところにいってほしいからね。最後に決断するのは彼で、彼自身と家族ために一番の選択をするだろう。できれば早く決めてほしいとも思うけどね、それによって多くのことが解決しそうだから。でも、自分の気持ちに従っていることは称賛するよ」と締めた。

 米メディアの報道を総合すると現時点ではツインズとカブスの一騎打ちの様相。ダルビッシュの決断は…。