阪神・藤浪 新助っ人ロサリオとの対決はお預け

2018年02月07日 11時00分

藤浪(左)の練習を見る金本監督

 復活を期す阪神・藤浪晋太郎投手(23)が第2クール初日となった6日、100メートル走などで下半身を鍛えると、その後はシャドーピッチンでフォームを入念にチェック。登板予定の7日の紅白戦に向けて「バッターとは初対戦なので、その確認をしたい。仕上がっているかは関係ない」と話した。

 新助っ人ウィリン・ロサリオ内野手(28=前韓国ハンファ)との対決は「いきなり(藤浪の)150キロはね…。ロサリオには徐々に日本の投手に慣れていってほしいから」(片岡ヘッド兼打撃コーチ)とお預けになった。