西武・今井が喫煙で5月まで対外試合出場停止 16年夏甲子園優勝投手

2018年02月06日 16時53分

今井達也投手

 西武は6日、2016年のドラフト1位・今井達也投手(19)が、キャンプ直前の1月末に所沢市内で喫煙していた事実を公表し、7日から5月までのユニホーム着用禁止と対外試合出場停止の処分を発表した。

 球団の発表によると、外部から寄せられた情報を5日、高知・春野のB班キャンプに参加している今井本人に確認したところ、事実と認めたことでこの日の発表に至った。

 再発防止策として球団は「今井投手をはじめ他の未成年選手にプロ野球選手としての自覚を持ち十分気をつけて行動するよう改めて指導、教育することで再発防止策に取り組んでまいります」と文書を発表。

 今井本人は球団を通して「深く反省しております。自分自身の甘さが今回の事態を招いてしまったと考えています。今後、二度とこのようなことを起こさないよう、自分に厳しくありたいと思います。この度は大変申し訳ありませんでした」とコメントを発表した。

 今井は栃木・作新学院高のエースとして、2016年夏の全国高等学校野球選手権大会で優勝。その秋のドラフト会議で西武に1位指名され、楽天にFA移籍した岸の背番号「11」を受け継いだ将来のエース候補だが、入団直後から右肩痛などの故障に苦しんでいる。

関連タグ: